先輩メッセージ/製造 女性

ミクロンの誤差を
見逃さないために、
一つの製品と
じっくり向き合う。

めったにないNGを逃さず見つける

3次元測定機を活用した製品検査の仕事は単純作業ではなく、毎回違う形の製品を相手に、自分で測定方法を考えて進めます。まず目視でチェックした後、「製品の何処を基準に何カ所測定すれば、正確で効率がいいか?」を考えてプログラムを作成。あとは機械が自動的に測定します。±2~3μmという許容範囲内に収まることがほとんどですが、少しでも上回れば出荷できません。それだけに、不良品を発見した時は「流出を防いだ!」という実感があります。

仕事とも職場環境とも相性抜群!

友人の女性に誘われて入社しましたが、最初はグループ内に女性は私1人。(現在は複数)それでも先輩方は分け隔てなく接してくれて、ムリな力仕事もさせないよう気を配ってもくれました。仕事も全くの未経験でしたが、ノギス(測定器具)の使い方からわかりやすく教わり、スムーズに覚えられました。金型を相手にじっくり向き合うことも面白いし、数学が得意な私には、ギア形状の測定方法を考えるのが、パズルみたいでとても楽しい! 相性抜群の仕事と職場に出会えました。

製造本部
大津崎工場 PD-1グループ

小野田 茜

2017年入社


 
pagetop